YUKI YOSHIKAWA

YUKI
YOSHIKAWA

【2020年2月】マスタークラスレポ 2日目

前回に続き、マスタークラス2日目のレポです。
2日目はソファ装花のレッスンからスタートしました。こちらもプラスチックゴミになるフローラルフォームを使用せずにサステナブルな方法で保水して作成していきます。

この時はまだ髪が長いし、ハイトーンカラーでも無いですね!ここから更に一年髪を伸ばして30cm髪を切ってヘアドネーションしました。人生二回目のヘアドネーション。

今はボブでハイトーンカラーになっているのですが、近年はずっとコロナでマスクをしているせいもあり、髪型のあまりの変化に知り合いにも気づかれないことも多々。髪の長さが違うだけ、色が違うだけのどっちかだったらまだ「髪型変えたね!」のレベルで気づけるのでしょうが、両方激しく変わってしまったので。激変ってやつですね。

さてさて、そんなこんなで完成したソファ装花がこちら。地面から生えている感じを大切に。

右側が赤・パープル系、左側がブルー・イエロー系でまとめています。春の花が乱れ咲く感じですね。

 

 

 

モデルさんが入ったものがこちら。

 

 

 

続いて午後はウェディングブーケのレッスン。ウェディングブーケは茎が交差するテクニックで束ねていきます。

束ねたデモブーケがこちら。レモンイエロー、オレンジベージュ、ホワイト系のカラーパレットでまとめました。

ガーデンスタイルのブーケは「曲線」を活かしますが、モダン寄りに束ねるときは敢えて「直線」を見せるように束ねたりします。直線の持つ力ってのもありますからね。

この頃からかなりアウトラインがよりアシンメトリーになるようなブーケを束ねるようになりました。三次元により凹凸を意識した形状です。私比でエアリーでガーデンスタイルのブーケよりもモダン寄りの束ね方です。

ただでさえ茎がクロスしていて安定しないのに更に三次元の凹凸を意識して…となると正直めっちゃ難しいです。毎度のこと言われるのが、「Yukiさんがやってると簡単そうなのに、自分でやってみると物凄く難しい」ってこと。でも皆さん途中で心が折れそうになっても(半分折れてるのかもしれないけど)、頑張って束ね上げてくれます。

さて、生徒さんのブーケがこちら。

 

まん丸じゃなく動きのある形状がいいですね!

 

そして、この日はアシスタントとしてオーストラリアから日本に旅行に来ていたフローリストが手伝いに来てくれました。話を聞くと、何と彼女、インスタで一番最初にフォローした人が私だったそうなんです!ビックリ。
そんな自分が初めてフォローした人に直接会えてとても感激した様子でした。

皆さん一番最初にフォローした人って覚えていますか?覚えていない人が大半じゃないでしょうか。私も覚えていません。オーストラリアのフローリストが一番最初に私をフォローするとは正直かなり意外でした。でもこうやって直接会えて話ができたとのはすごく嬉しかったです!

今回のマスタークラスのレポは以上です!かなりザックリしたレポでしたが、まだまだ他にもアップしないといけないマスタークラスやらウェディングやらがたくさん溜まっているのですみません。。
頑張って他の記事もアップしていきます!

 

 

 

一日一回クリックでランキングにポイントが加算される仕組みになっています。
お帰り前に下記の応援バナーのクリックをよろしくお願いします!

にほんブログ村 花・園芸ブログ フラワーアレンジ教室・販売へ
応援いつもありがとうございます!