YUKI YOSHIKAWA

YUKI
YOSHIKAWA

1月の季節花クラスレポ

身に染みる寒さの今日この頃。更に大寒波が襲ってくるそうで恐れおののいています。寒いだけならまだマシなんですが、雪が降ると車にチェーンを巻かないと仕入れに行けないのでとっても困るんですよね。ちょっと天気予報注視して仕入れのスケジュール立てないとなぁ。

さて、そんなまだまだ寒さこれから本番という最中ですが、新年一回目の季節花クラスではほんわか優しくなるような早春のブーケを束ねました。

私のデモブーケがこちら。

 

もう年が明けると花だけはあっという間に春モード。

さて、それでは生徒さんの作品をご紹介しつつ、雑談を。

 

皆さん、お正月はお餅たくさん食べましたか?私は正月に実家でたらふく食べまくっていたので一気に太った気がします。私が太ったなと自分で感じるバロメーターの1つがほっぺの内側の肉を噛んでしまうこと。元々顔が丸くてほっぺに肉がついてるんですが、これが太るとほっぺの内側(口の中)にも肉が付いてきて咀嚼するときとかに噛んでしまうんですよね。わかる人いるかな?

 


さて、皆さん一度は「右脳派、左脳派」みたいな話を聞いたことあると思います。芸術系なのか論理的なのか、みたいな。まぁ、そもそもこの「右脳派左脳派」みたいなものの信ぴょう性がどこまであるのかというとこもありますが、とりあえず一旦置いておくとして、皆さんから見て私は右脳派に見えるでしょうか、左脳派に見えるでしょうか。

 

たぶん右脳派(芸術系)と思う人の方が多いんじゃないかと思います。一応花屋なので。
当人はどう思っているかというと、両方だと思います。右脳派なところはもちろんあります。ただ、私はかなり物事を論理的に考えるタイプです。ちなみに、高校の時に一番成績が良かったのは数学でした(でも足し算引き算の繰り上がり繰り下がりはとっても苦手)。

 

小学校中学年くらいのある程度物心がついたころには既に、親によく「屁理屈を言うな!」と怒られていました。たぶん論理を自分に都合のいいように利用して話をしていたんだと思います。理屈っぽいところが多かったんでしょうね。あまり可愛くない子供です。
中学くらいになると、ディベートで負けることはありませんでした。大学くらいになると、三段論法で議論していました。そう、意外に理屈っぽいんです。

 

今は基本的にはぽけーっとしていますが、スイッチが入るとめっちゃ理詰めで話すときもあります。たぶん、ちょっと怖いです。

 

とある芸術系のバックグラウンドを持つ生徒さんに、『バランスがいい、芸術学部にはいないタイプだ』って言われて、あぁ、それはそうかもなぁと思いました。芸術学部に私のように理詰めの人はあまりいない気がする。

 

さて、皆さんは右脳派かな?左脳派かな??

ご参加いただいた皆様ありがとうございました!
来月は2/17(金)~19(日)でミモザを使ったブーケを束ねます。去年は季節花クラスではミモザを使ってないから久しぶりかな?

また早ければ今週中くらいにレッスン詳細アップしますね!
それではまた!

 

 

一日一回クリックでランキングにポイントが加算される仕組みになっています。
お帰り前に下記の応援バナーのクリックをよろしくお願いします!

にほんブログ村 花・園芸ブログ フラワーアレンジ教室・販売へ
応援いつもありがとうございます!