YUKI YOSHIKAWA

YUKI
YOSHIKAWA

月別アーカイブ

7月の季節花クラスレポ

梅雨が明け、夏本番の今日この頃ですが皆さんいかがお過ごしでしょうか?
ついにオリンピックも開幕しましたね!オリンピック開催の是非は置いておいて、やはりアスリートの方たちが本気で頑張っているその姿を見ると、とても刺激を貰えます。
人の頑張っている姿を見るのがとても好きです。「私も頑張ろう!」といい気をもらえるので。

さて、7月の季節花クラスは夏花材を使った投げ入れのレッスンを行いました。私のデモがこちら。

 

実物、穂物など季節感があるものを入れて。レモンイエロー系をメインの花に使いつつも、シックになるように渋めの色も織り交ぜています。やっぱり色合わせ、花材合わせには拘りたいですよね。それが個性を出す箇所でもありますので。

誰もがやってるようなありきたりのものをやってもつまらないってのは私の色合わせ・花合わせの前提にある気がします。

これはまた違う回のデモ。全く同じ花材を使っていても、デモの度に少しずつ仕上がりが違います。

 

デモをしていると、「そんなにたくさんの花材が入るの?!」と言われますが、入ります。
というか、入れるのです。笑

それでは生徒さんの作品を紹介していきます!

投げ入れは、フローラルフォームを使わずに花瓶に直接花材をいけて作成していくアレンジメントですので、フローラルフォームを使うものより難易度が高いです。花材を固定しづらい、動いてしまうという点が一番手こずるところかと。

 

基本的に、オアシスに花を挿す感覚でやると力が強すぎて、他の花が動いてしまってどんどん崩れていってしまいます。優しくそっと花を扱ってあげることが大事になります。

 

ただでさえ投げ入れは花を固定しづらいのに、更に頭が重く花の向きを固定しづらいヒマワリを使ってしまったもんだから、みんなヒマワリには悪戦苦闘していました。。
「さすがにヒマワリを使った投げ入れはちょっと難しかったかなぁ」と少し反省しつつも、なんだかんだみんな最終的にはきれいにまとめてくれていました!

慣れてくると投げ入れもとても楽しいもんですよ!

 

投げ入れは、小さな自分のお庭を作るような気持ちで一本一本花をいけていきます。私の中では一本一本花を植えている感覚。「ここから花が育つとこうなるよなぁ」って。

一本一本の花を慈しみながらいけていく気持ちが大事です。

 

最近私の生徒さんで多いなと思うのが、アーティフィシャルをメインで仕事をしている方で生花を学びに来ている方。生花のプロにならないまでも、生花に関して見識を深めることはとても大事だと思います。
一本一本の花には個性がある。無理やり言うことを聞かせようとすると折れてしまう繊細さ。固い蕾の状態から、徐々にほころび満開に開花し、やがて散りゆくその姿。生花はとても奥深いものです。

 

さすがに夏本番の8月は花の持ちが悪いので季節花クラスはお休みです。
また少し涼しくなった9月にお会いしましょう!

ちなみに9月は17日(金)~19日(日)でブーケのレッスンです。告知はたぶん8月に入ってからかな?

それでは皆さん熱中症に気を付けてお過ごしくださいね!小まめな水分補給、無理をしないこと、とっても大事です!

それではまた9月にお会いしましょう!

 

 

一日一回クリックでランキングにポイントが加算される仕組みになっています。
お帰り前には下記の応援バナーのクリックをよろしくお願いします!

にほんブログ村 花・園芸ブログ フラワーアレンジ教室・販売へ
いつもありがとうございます!

 

 

プライベートレッスンコレクション vol.7

やっとあと少しで2019年のプライベートレッスンレポが終わりそうです!もうひと頑張りですね!

まずは関西から定期的にプライベートレッスンにいらしている生徒さんのレッスンレポから。その時々の旬の花を楽しむために、時期を変えて学びにいらっしゃる方です。この時は秋バラを使いたいということでしたので、バラを多めにご用意しました。

 

バラは一年中出回っていますが、やはり春か秋ですね!夏はどうしても花が小さくなってしまいますので。

まず1レッスン目はバラを使ったスパイラルのブーケ。私のデモブーケがこちら。

紅葉花材、穂物、実物などを使った秋の季節感たっぷりのブーケ。

ちょうどこの時に発表されたばかりのやぎバラ園さんの新種のバラ「パブロヴァーズ」を使って。

やさしいくすみピンクに中央のしべがやぎさんっぽいバラですね!

生徒さんが束ねたブーケがこちら。この方は私と同じ花材を使い上手に束ねるので、どっちが誰が束ねたブーケか思い出せず、自分のインスタの投稿を遡って確認してきました。笑

 

 

続いて一方見のセンターピースのレッスン。私のデモがこちら。ブーケとはまた違った雰囲気に。

黄色い小さなウィンターコスモスは私が育てているもの。自由奔放な動きを足してくれています。

 

自分のアレンジを見ていると、当時はかなり多種多用な花材を組み合わせてたなぁと感じます。最近はもう少し花材の種類は少な目かな?

生徒さんの作品がこちら。

 

このオレンジのバラは何てバラだったんだろう?あまり市場で見かけないけど私の好きな感じのバラ。

続いて茎がクロスする手法で束ねるウェディングブーケ。このスパイラルではない手法で束ねるブーケはとっても難しいので、リピートでプライベートレッスンを受けている生徒さんはほとんどの方がこのブーケは毎回練習していかれます。

私のデモブーケがこちら。これも秋っぽいブーケですね!

かなり立体感を出しながらアウトラインに変化を付けています。

生徒さんが束ねたブーケがこちら。何とか無事に束ね上りましたが、たぶん3回くらいは束ね直してました。

途中で心が折れそうになり「Yukiさん、束ねてください…」って言おうか悩んだそうですが、何とか形になりました!

何度もいらしてる生徒さんなので、この手法でブーケを束ねるのは決して初めてではないのですが、それでもこれだけ苦戦するほどこの束ね方は難しいのです。紅葉の扱いがとっても難しかったのを今でも覚えています。

正直、私も今でこそ茎がクロスする手法であまりストレス無く束ねられますが、ある程度自分でコントロールが効いて自在に束ねられるようになるまで毎日練習して半年くらいは掛かった気がします。私はスパイラルを自在にコントロールして束ねられるようになるまでにもある程度時間が掛かりました。何か束ねているうちに手の中で花が動いてしまうという経験、皆さんにもありませんか?
その壁を突き抜けたのは、パリのとある花屋で働いているときでしたね。その花屋では10,000円以上するブーケを一日に何個も束ねる機会があり、たくさんの茎を手の中で扱う練習になりました。
そこである時にフッと、ブーケを手の中で支える感覚が掴めたんですよね。たぶんこの感覚は人それぞれなのだと思います。基本のスパイラルの束ね方はもちろんありますが、それが個人個人の手に落とし込まれるとそれは少しパーソナライズされているのだと思います。もうその人にしかわからない微細な手の感覚の違い。

何が違ったのかうまく説明できませんが、感覚が掴めてからは束ねているときに以前ほど花が動いてしまうということが無くなり安定して束ねられるようになりました。茎が交差する手法で束ね始めたときもやはり、どこかのタイミングで感覚が掴めてからはだいぶ安定するようになりました。
その壁を越えた今だからこそわかりますが、やっぱり自分のものに落とし込むまでには数練習が必要だと感じます。少ない本数で練習していてもあまり意味がない。ある程度の本数でちゃんと日々練習してこそ掴める感覚だと思います。中々ある程度の本数で毎日練習できる環境がある人はそう多くないかもしれませんが。

何でも成長曲線は練習量に対して一定ではありません。どこかのタイミングで感覚が掴めてグッと上手くなる。ブーケが今一つ安定して束ねられない人も、練習を日々続けていればどこかでフッとその壁を越えられる日が来るのだと思います。上手く束ねられない人は練習あるのみです!
趣味で習っている人はそんなストイックに練習する必要は無いですので、花を楽しむ気持ちがやっぱり一番大事ですね!

茎がクロスするウェディングブーケのレッスンはプロの人でもレッスン中上手く束ねられなくて初めから束ね直す人がすごく多いので、今は比較的束ねやすい花材を用意するようにしています。スパイラルでも束ねやすい花材、束ねにくい花材があるように、この手法でも別に束ねやすい花材、束ねにくい花材があるので。

続いてテーブル装花のレッスン。テーブルの中央にライン状に花が自生しているような装花です。こちらもフローラルフォームを使わずに作成しています。

 

プライベートレッスンの内容は生徒さんのご希望に合わせてカスタマイズしています。初回ではフローラルフォームを使わないセンターピースと茎がクロスするテクニックで束ねるウェディングブーケを学ぶ人がほとんどですが、リピートの方はそれにプラスして他の内容を学んでいく人もいらっしゃいます。

やっとあと一回で2019年のプライベートレッスンレポは終わりそうです!今月中には終わらせられそう。

頑張ろう!

 

 

一日一回クリックでランキングにポイントが加算される仕組みになっています。
お帰り前には下記の応援バナーのクリックをよろしくお願いします!

にほんブログ村 花・園芸ブログ フラワーアレンジ教室・販売へ
いつもありがとうございます!

 

 

世界的ファッションイラストレーター
“Grace Ciao”
コラボワークショップレポ

遡ること約2年前、世界的に著名なファッションイラストレーター”Grace Ciao”とのコラボワークショップを開催しました!
Grace Ciao(グレース・チャオ)って誰?どんなイラストを描いているの?という方はこちらをサラっとご覧ください。

https://www.instagram.com/graceciao/?hl=ja

生花を用いたドレスを身にまとった水彩画の女の子をイラストを描くのが特徴です!シンガポールを拠点に世界的に活動し、シャネルやディオール、フェンディ、リッツカールトンなど、ハイブランドの顧客を多数抱えています。私がコラボしたのは2019年と約2年前ですが、何と彼女、今年2021年にフォーブスがアジアを代表する30歳未満の30人を選出する「Forbes 30 Under 30 Asia 2021」に選ばれているのです!日本で過去に選ばれた人は大阪なおみさんや香川真司さんなど。世界的にとても名誉ある賞なのです!私は逆立ちしても絶対に選ばれない自信があります。万が一選ばれたら死ぬほど嬉しすぎるくらい。そもそも年齢が優に30歳を超えているのでこのカテゴリーには選ばれないですが…汗。

そんなGraceが「Yukiのフラワーデザインがとても好きでコラボをしたい!」と連絡をくれたことからこのコラボが実現しました。本当にありがたいことです。私のフラワーデザインは決して大衆受けを狙っているものではなく、ひたすらに私が美しいと思うものを追求しているのですが、それがこうやって感度の高い人に認めて貰えるのはとても嬉しいですね。

ワークショップ当日はGraceが彼女のシグネチャーアートである生花を使ったドレスを纏った女の子のアートの作成の仕方をレクチャーしました。彼女がワークショップを行うのは世界的にもものすごく稀なので、参加できた方はとてもラッキーでした!

Graceのデモの作品をご紹介していきますね!まずこれがゼラニウムの葉をフリルに見立てたグリーンのドレス。

フリルの立体感がとってもステキ!私とは全然分野の違うGraceですが、花への着眼点がまた異なるのでとっても新鮮でした!

これはアルストロメリアの花びらを使ったワンショルダーのドレス。花びら一枚一枚の立体感がドレスと体の立体感を表現するように並べていきます。

普段はアルストロメリアの斑点は比較的苦手ですが、これだといいアクセントになりますね!

これは押し花を使ったもの。押し花を使ったものだと長く保管ができます。

Graceのデモを見た後は各自が自分自身のフラワーアートを作成しました!

せっかくなので私もやってみました!
これが私の作品。実はね、Graceが参加者一人ひとりに合わせて女の子の髪型を描いてくれたんです!これはその当時の私のイラスト。当時はこんな髪型だったんですね!まさか一人ひとりのイラストを描いてくれるなんて宝物すぎる。ちなみに、髪色はGraceが塗り方をレクチャーしてくれたので自分自身で塗りました!

ガーベラを使った細かいフリルのドレスです。ちょっと髪飾りも付けてみました。

続いて生徒さんの作品のご紹介。ワークショップ中忙しくて参加者全員のお写真が撮れなかったので一部になりますがご紹介します。

こうやって生徒さん一人ひとりのイラストをGraceが描いてくれました!

コーラルの色味にグリーンのポイントがステキ。ウエストや足首などいいアクセントになってますね!

こちらはオレンジイエローが鮮やかなドレス。

 

こちらもくすんだパープルのグラデーションにイエローのポイントがステキ。タイトなラインや胸元のカッティングもいい感じ。

皆さんそれぞれ個性的で素敵なフラワーアートを作成してくださってました!ほんと、お写真に残っていないのが悔やまれる。

そして私がブーケをレクチャーしました。早秋の花材を使って。

ワークショップが終わってみると、何と一枚もGraceの写真を撮ってない!やはり、外国人とのコラボだと私が通訳もしなくちゃいけないのでほっとんど写真を撮る暇が無いですね。そうでなくても普段から写真を撮るのは忘れがちなのに。

コロナ禍になってから海外の方とのコラボは皆無になりましたが、また世の中が落ち着いてきたらこうやって私もいい刺激をもらえる海外のアーティストとコラボしていきたいですね!
海外のフローリストとコラボすることが多かったですが、異分野の方だとまた違った刺激が私ももらえるなぁと感じました。

また早く安心してコラボワークショップの告知ができるようになりますように!

 

 

一日一回クリックでランキングにポイントが加算される仕組みになっています。
お帰り前に下記の応援バナーのクリックをよろしくお願いします!

にほんブログ村 花・園芸ブログ フラワーアレンジ教室・販売へ
応援いつもありがとうございます!