YUKI YOSHIKAWA

YUKI
YOSHIKAWA

その他

七夕とニューボーンフォトとピアスの穴

全国的に荒れた天気の七夕となりましたね。やはり梅雨真っただ中ということもあり七夕はなかなかお天気にはなりません。

先日陰ながら私の仕事を支えてくれていたアシスタントが可愛い赤ちゃんを出産しましたので、出産祝いがてらニューボーンフォト用の花冠を作成しました。色味はピンク、ホワイト、グリーンで。新生児用なのでバランスよく細くなるように細かい仕事になってきます。ピンセット使って仕事したい気分。数ミリが大きく影響してくる世界。そんな繊細な花冠ですが、かなり多種の花材を織り込みました。

ピンクがスターチス、アスチルベ、アリウム、ホワイトでカスミソウ、シルバーレース、グリーンでローズマリーとアイビー、そして実物でブルーベリーとブラックベリーを。そのままドライになる花材で作成したので、後々新生児の時の頭の大きさ、小ささの記念として取って置けるように。

どうせニューボーンフォトを撮るなら七夕の日がいいかな?と思い、今日の朝作って届けてきました。本当はスタイリングから撮影までしてあげたかったのですが、最近またコロナの感染者が増えていて抵抗力の低い新生児には不安なこともあり、花冠は玄関口で渡して生まれた赤ちゃんを遠くから眺めて帰ってきました。あんなに小さな赤ちゃんを見たのは本当にいつぶりだろう。

花冠を届けた帰りに近辺でおいしそうなランチができる場所を調べていたら、ほんと近所に365アニバーサリーレストランがありました!アニバーサリーという表参道のケーキ屋さん皆さんご存知でしょうか?めちゃめちゃ女子向けのインスタ映えするめっちゃ可愛いケーキをたくさん揃えているお店です!実はこのアニバーサリーさんにちょっとした縁がありまして。

私のむかーしの初期のインスタのアカウントの写真がこのアニバーサリーのウサギのケーキの写真でした。何故その写真かって一度も説明したことないと思いますが、実は私が昔働いていた花屋を辞めるときに送別でスタッフが用意してくれたのがそのアニバーサリーのウサギのケーキでした。

出展:伊勢丹新宿店

なので、その花屋のスタッフへの感謝の意味合いを込めて、私はそのウサギのケーキの写真をインスタのプロフィール画像にしていました。たぶん、フォロワーが1,000人くらいの時に今の画像に変えたのかな?数千人のときかな?全く覚えてないけど、とにかく初期に使用していました。

そんなアニバーサリーの系列店が近所にあるなんてこれもなにかの縁だろうと、そこでランチを食べてケーキを買って帰ってきました。

さて、七夕ですが、七夕となると私は毎年とある友人を思い出します。私は大学のときにピアスを開けたのですが、福耳なもので開けてから一年くらい経ってもなかなか穴が定着せず、とある日に一日外していただけでもう穴がほぼ塞がってしまっていたので諦めて塞ぎました。数年後にはもう穴の跡すら残らないくらいに塞がりました。

5、6年前、オーストラリアに住む親友が間もなく出産するとのことで、もうある程度の年になるとわざわざピアスを開けるきっかけもないので、せっかくなら彼女が出産した日に新しくピアスを開けるから連絡してと伝えていました。そして出産後、誰よりも早く私に「今出産したよ!」と連絡を入れてくれました。実はその日が7月7日、七夕でした。

私がその連絡を受け取ったのはもう夜。仕事を終えて帰宅する時間でした。一回目にピアスを開けるときはピアッサーを買って提携する皮膚科に持って行って開けてもらったのですが、もう夜なので閉まっています。今からどうやってピアスの穴を開けようか考えて、友達にピアッサーで開けてくれるか聞いてみたら怖いのでできないとのこと。仕方がないので取り合えずドラッグストアでピアッサーとエタノールを買って帰路の電車に乗っていましたが、やはり自分でピアッサーで開けられる自信がなく夜遅い時間でも開いていてピアスを開けてくれる皮膚科がないか電車に揺られながら調べていました。ピアスを開けるの明日でもいいや、ではなくて、七夕である今日生まれたからには今日何としても開けなければという使命感がありました。すると、とある皮膚科が見つかり、電車を一時下車して今から行ってピアスを開けてくれるか聞いてみたら22時過ぎの時間なら大丈夫だとのこと。

そこで反対方向の電車に乗り、新宿歌舞伎町に向かいました。そんな遅い時間に空いている皮膚科なんて歌舞伎町など夜の街以外に無いでしょう。昨今何かと騒がれている夜の街です。しかも、予約をしたときに、他の患者さんに会わないようにか、予約時間前に来ないでくださいと言われました。色々と訳ありな人が出入りするのでしょうか。よくわからないけど、とりあえず近所のコンビニで時間を潰して予約時間通りに皮膚科へ行きました。行ってみると割と普通にピアスを開けてくれました。こうして何とか七夕の日にピアスの開けることができたのです。

その後その友人が第二子を出産するときも記念にピアスを開けるから連絡してね!と伝えていて、私がパリに住んでいるときに第二子を出産する予定になりました。さすがにフランスでピアスを開けるのはちょっと不安なので予めどこでどうやって開けられるのか調べておきました。私が開けたのはピアスショップにピアスの穴を開けるサービスができる部屋も用意されているようなところでした。そこで日本のようにピアッサーを買って担当の人にガシャンと開けてもらう感じ。今回は左右両方ではなく右耳だけ一つ、三個目の穴を無事に開けました。

そうやって頑張って再び開けてきたピアスの穴でしたが、元々左の耳の穴はちょっと斜めに開いていて挿しづらかったこともあり、開けてから5年くらい経っていたにも関わらず出口が塞がってしまいました。恐るべき私の福耳の再生能力。フランスにいたときも左耳が塞がりかけていて友人に無理やり貫通させてもらったのですが、今は更に塞がっているようです。耳の裏側から見ると穴が見えないそうです。そんな私のピアスの穴をまた無理やり貫通させてくれる人募集中です。皮膚科に行くと貫通させてくれたりするのかなぁ。実はこの最初に開けた二つの穴は金属アレルギーを発症しているので今からあまりぐちゃぐちゃいじりたくはないのです。。せっかく友人の出産日に開けたものなのでできれば塞がっては欲しくないのですが。

私の七夕に纏わる話はそんなところでした!子供のときは笹に飾り付けしたりするの好きだったなぁ。それではまた!

 

現在お申込み受付中のレッスンはこちら。

7月の季節花クラス(ヒマワリのブーケ)

 

一日一回クリックでランキングにポイントが加算される仕組みになっています。
お帰り前に下記の応援バナーのクリックをよろしくお願いします!

にほんブログ村 花・園芸ブログ フラワーアレンジ教室・販売へ
いつもありがとうございます!