YUKI YOSHIKAWA

YUKI
YOSHIKAWA

ウェディング装花(秋)

10月のアウトドアウェディング装花
@那須ファームヴィレッジ

日時・場所

2020年10月18日
会場:NASU FARM VILLAGE(那須ファームヴィレッジ)
〒324-0401 栃木県大田原市狭原1298-1
https://nasufarmvillage.com/

近年紗栄子さんが経営に携わるようになった、那須にある広大な敷地の牧場。カフェやレストランも併設され乗馬もできるファームです。

カラーパレット・花材

モーブをベースに秋色を取り入れたカラーパレット。華美な感じというよりは秋の野原をイメージした雰囲気にしたかったので、季節感を出せる穂ものや実物をふんだんに取り入れています。葉物も紅葉雪柳や紅葉ヒペリカムなど秋色のものを使用。

市場に出回る時期で注意が必要な紅葉花材。基本的に市場に出回る花材は、普通に外で鑑賞するものより早めに出回り、外で一般的に見られる頃には既に市場ではほぼ姿を消しつつあることが多く、常に季節先取りの傾向です。最近は紅葉系の葉物は8月の下旬にはもう市場に出回っています。一般的にはまだまだ夏真っ盛りですが。
ちなみにこのウェディングではワレモコウの希望が出ていましたが、10月上旬には市場からほぼ姿を消していてかなり入手が困難でした。ススキのような穂物も9月のお月見に向けては市場に多く出荷されますがそれを過ぎると一気に市場から姿を消します。

季節性の花材は使用できる時期が限られていていますので、希望の装花の雰囲気や花材の優先順位が比較的高いようでしたら、それらの花が市場に出回る時期を装花を依頼する花屋に相談して挙式の時期を決めるのが一番です。ただ、一般的には挙式日程を決めてから装花の検討を始めることが多いと思うので、その場合はその時期にどのような旬の花がありどんな装花が適しているのかお花屋さんに相談してみるといいと思います。

装花

ブーケ

ギュッと詰まった丸いブーケではなく軽く抜け感のある感じに。動きのあるツルウメモドキを長めに使いつつ、エアリーでアシンメトリーな形に束ねています。

 

軽さや柔らかさを出したいのでメインとなるバラは「ジュリア」や「シュナーベル」などガーデンローズのような雰囲気を持ったものを使用しています。

 

 

ウェルカムボード装花

ウェルカムボードの上部に実物や穂物だけで、質感を重視してアシンメトリーに装花。

ウェルカムボード装花は私の特に好きな装花部分の1つ。「これっ!」ていう形に捕らわれずにクリエイティブに装花しやすい箇所です。

ツルウメモドキのコロンコロンの質感や動きを活かしながら、うまく垂れさがる部分なども作ってアシンメトリーに。私はどの装花箇所でも立体感を重視しているのでウェルカムボードも同様にのっぺりとならないように立体的に。

 

ボードにちょっと花が加わるだけでグッと華やかになります!ウェルカムボードはゲストの方を一番最初にお迎えする箇所なので、そこも手を抜かずにデコレーションしてあげるとステキですね!
そこから始まるパーティーへのワクワク感を高める大切な場所です。

 

挙式装花

那須ファームヴィレッジに広がる広大な芝生を活かして、地面から生えているような半円の「ハーフサークル装花」を作成しました。

見渡す限り、芝生と木々と山しかないという最高の立地!「もうこの場所で挙式するなら絶対この装花を作成したい!」と思いました。セレモニー装花や高砂装花などの大掛かりな装花は、私の中ではその立地や会場の特性もどのような装花を作成するか検討する重要な要素になります。できるだけその会場の特性に合わせたものを作りたい。

このハーフサークルの中央でお二人が挙式を行います。いやもう後ろに広がる背景も相まって本当にフォトジェニック!壮観でした!

ススキなどの穂物を伸び伸びと使用して。軽さや抜け感が大事なのでこちらの装花も動きを出しながらメリハリをつけてアシンメトリーにデザインを作成しています。

 

 

ゲストテーブル装花

海外で人気の流しテーブルスタイル(長いテーブル)のゲストテーブル装花です。テーブル中央に大き目の生えているようなアレンジメントを設置。軽さや動きをより出したかったので、野バラの実を長く高くいけています。

流しテーブル装花の場合は、できるだけテーブルの長い直線のライン感を活かして装飾すると見栄えがいいので、アレンジメント間の繋がりの感じられるように間にツルウメモドキを這わせています。

ツルウメモドキがちょっとあるだけでテーブルナンバーもとっても映えます。ツルウメモドキが動きが出しやすく季節感が出しやすい実物なので秋の装花にはとってもおススメです!とってもステキな花材ですがやはり季節物で使える時期が限られているので、使える時期の装花には私は積極的に取り入れています。

こんな感じで装花のラインが繋がって見えるととっても華やかなんですよね!上に高く伸びる野バラも合わさって空間に広がりができます。部分的にでも装花に高さが出せると全体がとても大きく見えますよね。

 

ゲスト目線だとこんな感じ。秋の原風景に囲まれてお食事している感じ。ちなみにゲストテーブル装花は高さがあり過ぎてもお花がゲスト同士がコミュニケーションを取る邪魔になってしまいますので、その辺も考慮しましょう。

 

ケーキ装花

蔦ものと穂物でシンプルにケーキを装花。ケーキ装花の場合は通常切り花だけ納品して他の方がお花を取り付ける場合が多いですが、この回は私が取り付け。

野ブドウの蔦の動きをよく見てその動きを活かすようにケーキの周りにあしらっていきます。
クレマチスシードも併せて質感をプラス。

シンプルだけど洗練されたケーキ装花に仕上げました。

 

以上、10月の那須ファームヴィレッジでのウェディング装花のご紹介でした。

 

YUKI YOSHIKAWAでは東京、関東近郊だけでなく、日本全国のウェディングやパーティー・イベントでの装花を承っています。
ウェディングブーケから大型のフラワーデコレーションまで、花の色合わせや花材の組み合わせも、全て一つひとつの依頼に合わせたオーダーメード 。季節の美しい花々を使った、海外風のナチュラルでエアリーなデザインは是非お任せください。

お見積りや日程のご相談は下記のコンタクトフォームからどうぞ。

コンタクトフォーム

 

 

一日一回クリックでランキングにポイントが加算される仕組みになっています。
お帰り前に下記の応援バナーをクリックしていただけると嬉しいです^^

にほんブログ村 花・園芸ブログ フラワーアレンジ教室・販売へ
にほんブログ村
応援ありがとうございます!

9月の軽井沢ガーデンウェディング装花

日時・場所

2020年9月21日
会場:ハウス・オブ・軽井沢
〒389 – 0111 長野県北佐久郡軽井沢町長倉1892-39
https://www.houseofkaruizawa.com/

軽井沢らしい森林に囲まれたペンションのお庭で緑に囲まれたガーデンウェディングです。

聞くところによると、最近はこの「ハウス・オブ・軽井沢」でのウェディングがとっても人気みたいですね!確かに私も好きな会場の1つです。軽井沢の緑はとっても気持ちが良いです!

カラーパレット・花材

スモーキーな大人ピンクのグラデーションからグリーンに繋げたカラーパレット。本来は5月末の挙式予定だったためピンク系とグリーン系のスモークツリーで作成する予定でしたが、9月に延期に。あいにく9月にはスモークツリーは出回らないため、6月前後に市場に出回るスモークツリーをドライの状態である程度保管し、9月後半に少しずつ出回り始めるピンクとグリーンの色が混ざった秋色アジサイを併せて使用。
細かいディテールを追加するために、同じくスモーキーなリモニウムなどを足しています。グリーンは旬の紅葉ヒペリカムを使用。

今回はふんわりした雰囲気とカサっとした質感、ディテールの細かさも全体の装花の雰囲気で大事な要素の1つになっています。

装花

ブーケ

テーマカラーに合わせて、海外ウェディングで人気のエアリーでワイドな形状に束ねています。ラウンドブーケではなくこのように動きのある形状は、持ち方や写真を撮る角度によっても色んな表情が楽しめますので、非常にフォトジェニックです。

ふんわりした雰囲気と細やかなディテールにフォーカスするために小花を中心に束ねています。ピンクのセロシアはカサっとした質感を持ちつつ、スモーキーなピンクから濃いピンクへのグラデーションも併せ持っているのでブーケの中でいい働きをしています。

時期から外れてはいましたが、新婦さんが好きなスモークツリーをブーケにも入れられたのでとっても喜んでくださいました!

 

 

ウェルカムボード装花

木に布を吊るしたタイプのウェルカムボードの上部に花をあしらいました。

モコモコとした動きが出るようにアシンメトリーな形状に作成しています。

ところどころアクセントとしてペッパーベリーも追加。花材の特性を活かしてところどころ軽やかに釣り下がるように足しています。

 

挙式装花

ハウスオブ軽井沢には敷地内に挙式スペースがあります。こちらには地面から伸びる形の左右非対称なハーフアーチを設置しました。

 

こちらも形が単調にならないように、秋色アジサイなどは凹凸をつけてアレンジしています。

 

 

秋色アジサイに加えて秋色ミナヅキも使用しているのですが、ちょうどグリーンからピンクに紅葉が混ざっている頃合いのものが欲しかったので仕入れには苦労しました。どうしてもこの手の紅葉物は年によっても紅葉の色づき具合が異なりますし、なかなかピンポイントの時期で理想の紅葉具合のものを入手するのが大変なので。

何とか最終的にはいい感じのグリーンからピンクへのグラデーションに仕上がって良かったです!

 

高砂装花(バックドロップ装花)

ハウスオブ軽井沢に生えている木を活かし、そこから吊るタイプのハンギングデコレーションを作成しました。

こちらもモコモコした感じを出すために凹凸を付けつつ、アウトラインも動きを出しています。

 

このような上から吊るすタイプの装花は会場に吊るせる場所があるかどうかで作成できるかが変わります。海外では引き続きトレンドの装花の1つです。吊るすタイプの装花を希望の場合は、一度会場に吊るす場所があるか確認してみてくださいね!

 

ゲストテーブル装花

海外で人気の流しテーブルスタイル(長いテーブル)のゲストテーブル装花です。ガーランド状に見えるようにテーブルの上に直接載せるタイプのアレンジメントを繋げて設置しています。周りを一面木々に囲まれて、お天気にも恵まれ、とっても雰囲気のいいガーデンウェディングでした。

 

 

テーブル中央にガーランドのように連なるアレンジメントがとっても華やか!ガーランドの形状が単調にならないように、幅にもメリハリを付け高低差も出しています。

 

 

 

会場装花をバックに撮る写真も絵になります。

 

お子さんがいらっしゃるカップルでしたので、お子様用に花冠も作成しました。花冠を被って会場をあちこち無邪気に動き回る姿がとっても可愛らしかったです!新婦さんもこの日のために髪をピンク系に染めてきてくれてました!

 

以上、9月の軽井沢ガーデンウェディング装花のご紹介でした。

 

YUKI YOSHIKAWAでは東京、関東近郊だけでなく、日本全国のウェディングやパーティー・イベントでの装花を承っています。
ウェディングブーケから大型のフラワーデコレーションまで、花の色合わせや花材の組み合わせも、全て一つひとつの依頼に合わせたオーダーメード 。季節の美しい花々を使った、海外風のナチュラルでエアリーなデザインは是非お任せください。

お見積りや日程のご相談は下記のコンタクトフォームからどうぞ。

コンタクトフォーム

 

 

一日一回クリックでランキングにポイントが加算される仕組みになっています。
お帰り前に下記の応援バナーをクリックしていただけると嬉しいです^^

にほんブログ村 花・園芸ブログ フラワーアレンジ教室・販売へ
にほんブログ村
応援ありがとうございます!

10月のアウトドアウェディング装花 @那須ファームビレッジ

日時・場所

2019年10月19日
会場:NASU FARM VILLAGE(那須ファームビレッジ)
〒324-0401 栃木県大田原市狭原1298-1
https://nasufarmvillage.com/

紗栄子さんが経営している那須の牧場です。東京ドーム11個分の敷地があり、素晴らしい景観と自然を楽しめる場所です。その広大な敷地に大きなテントを張ったウェディングでした。

 

カラーパレット・花材

10月は秋花材が豊富に市場に出回り、こっくりとした色合いがよく馴染む時期です。そんな季節感を活かして、深いバーガンディー、ネイビー、グリーンにアクセントとしてゴールドとオレンジを入れています。異なる質感を出すために、アマランサスやヒオウギの実を加えて。

 

 

装花

ウェディングブーケ

テーマカラーに合わせて、海外ウェディングで人気のワイド気味な形状に束ねました。インパクトを出したかったので大輪のダリアを使用して。ワイド気味でも凹凸感を出して、アウトドアウェディングに馴染む雰囲気に束ねています。

 

鮮やかな色彩が牧場の緑によく映えますね!

こちらのウェディングではお色直し用のブーケも束ねました。モダンに赤一色で。

 

 

挙式装花(フラワーガーランド)

広々とした芝生にフラワーガーランドで挙式スペースを演出。見渡す限り広大な芝生の上に佇むガーランドはどこか非現実的。こんな景観をバックに挙式ができるなんてすごい。

 

一つの現代アートの作品みたいです!
挙式後は、ガーランドを高砂裏に移動しました。

 

 

ゲストテーブル装花

海外で人気の流しテーブルスタイル(長いテーブル)のゲストテーブル装花です。テーブルの中央にライン上にアレンジメントを配置しています。

 

ウェディングの装花で色々な箇所がありますが、私はゲストテーブル装花がとても大事だと思っています。やはりゲストの方に楽しんでもらいたい、おもてなしをしたいという思いを大切にするのであれば、ゲストテーブルを華やかに飾って皆さんをおもてなししてあげるべきだと思うのです。

「自分たちが映えればいい」と高砂周りばかりにお金を掛けて装花をしてゲストテーブルが貧相だと、何となくゲストがあまり大切にされていないような印象を受けてしまいます。私、個人的にはね。
また、会場の雰囲気作りで一番役割が大きいのがゲストテーブル装花です。明らかにゲストテーブルが会場で占める割合が大きいわけですから、そこを拘って装花することによって全体のウェディングの印象が変わります。だから、ゲストテーブル装花ってとっても大事なのです。

今回はこのゴールドの花器に自然の動きを活かしてナチュラルにアレンジ。このような高さのある花器は、特に花器から下側に垂れるような動きの花材をうまく組み合わせることが大切です。この場合はアマランサスや時計草などをうまく使って下方向に垂れる動きを入れています。
この動きがないと、花器と花が分断されてしまい不自然になってしまいます。うまく垂れる動きを組み合わせて花器と花を繋げて一体にしているのです。

 

 

ウェルカムボード装花

半透明のアクリルのウェルカムボードの後ろに挙式装花と同じガーランドを吊るしました。さり気ない存在感がステキです。

 

テント装花

テントの入り口にもガーランド状に装花。会場に入るためにこの花で囲まれた入口を潜るところからワクワクします!自然な動きを大切に装花しています。

 

 

以上、10月のアウトドアウェディング装花のご紹介でした。
こちらのウェディングはゼクシィリゾートにも取り上げていただきました!ありがとうございます。

 

YUKI YOSHIKAWAでは東京、関東近郊だけでなく、日本全国のウェディングやパーティー・イベントでの装花を承っています。
ウェディングブーケから大型のフラワーデコレーションまで、花の色合わせや花材の組み合わせも、全て一つひとつの依頼に合わせたオーダーメード 。季節の美しい花々を使った、海外風のナチュラルでエアリーなデザインは是非お任せください。

お見積りや日程のご相談は下記のコンタクトフォームからどうぞ。

コンタクトフォーム

 

 

一日一回クリックでランキングにポイントが加算される仕組みになっています。
お帰り前に下記の応援バナーをクリックしていただけると嬉しいです^^

にほんブログ村 花・園芸ブログ フラワーアレンジ教室・販売へ
にほんブログ村
応援ありがとうございます!

 
10月のウェディング装花 @元湯・陣屋

日時・場所

2019年10月12日
会場:鶴巻温泉 元湯 陣屋
〒257-0001 神奈川県秦野市鶴巻北2丁目8−24
https://www.jinya-inn.com/index.php/topic/home_ja

見事な庭園が美しい歴史ある温泉旅館を貸し切ってのウェディングでした。

 

カラーパレット・花材

10月は秋の花材がふんだんに市場に並びます。色味はちょっとコックリした、くすんだトーンのものがしっくりくる季節です。
今回のカラーパレットはモーブピンクにベージュやオフホワイトを合わせて。秋は特にカサっとした質感のものが合う季節なので、クレマチスシードのような異なる質感の花材も合わせて、豊かな質感と季節感をプラスしています。

 

装花

ブーケ・ブライズメイドブーケ

テーマカラーに合わせて、海外ウェディングで人気のエアリーで動きのあるガーデンスタイルブーケ。かっちりしたラウンドブーケではなく動きを出しながらワイド気味に束ねました。モーブ色のシルクリボンを合わせてより洗練された雰囲気に。

 

ブライズメイドブーケもウェディングブーケに合わせた雰囲気で作成。
今回のカップルはシンガポール在住。左側の方が新婦のお姉さまです。今回のウェディングをコーディネートしているのもこのお姉さんです。

ブライズメイドのドレスも合わせてくすんだモーブ色。

 

お姉さんが手配したヘアメイクの方がブライズメイドのヘアメイクもしていましたが、お姉さんからそれぞれのヘアスタイルについても一人ひとり指示書が出ていました!そこまでこだわってトータルコーディネートするんですね!

グルームズマン用のブートニアや、ご家族用のブートニア、リストレットなども合わせてご依頼いただきました。残念ながらお写真はありませんが。。

 

挙式装花(フラワーアーチ)

テーマカラーに合わせてナチュラルでアシンメトリーに動きを出したフラワーアーチ。使い捨てプラスチックのフローラルフォームを使わずにサステナブルな方法で保水して作成しています。

 

ご家族の方もご友人の方も、とっても喜んでくれていました。

 

撤収に行った際に、旅館のスタッフの方からも、新婦さんがとってもフラワーアーチを気に入っていたというお話を聞いて嬉しかったです。たくさんお写真撮ってくれたのでしょう。

本当はテーブル装花等も依頼したかったようですが、テーブル装花は外部の花屋はNGとのことでした、残念です。ブライダル業界の発展のためにも、もっと持ち込みが自由になることを願います。

日本ではまだまだ会場を決めて、そこが提携している花屋が装花を担当することが多いですが、海外はより自由に自分たちが好きな花屋に依頼ができるケースが多いです。日本でも花屋を自分たちで「選ぶ」ことがもっと広まってもっと一般的になっていくといいなと思います。

日本の方も、きっと会場を選ぶときは何件も内覧して決めると思うんですよね。大切なウェディングですから。ただ、ウェディングを形作るのは会場だけではありません。装花もかなり大きなウェイトを占めます。だからこそ、会場選びに拘るのと同じくらい、花屋選びにも拘るようになってほしいのです。あまり普段花になじみが無い人はわからないかもしれませんが、花屋によってスタイルやセンスが全く異なります。希望のイメージ写真を見せれば会場提携の花屋がそのように作ってくれるかというと、違うのです。
フォトグラファーにはそれぞれスタイルがありますよね?ふんわりした感じに撮る人、シックな感じに撮る人など。ふんわり撮る人に「シックに撮ってください!」って依頼はしないと思います。花屋も同じです。それぞれの花屋が異なるスタイルを得意としていますので、自分の好みのスタイル・センスの花屋に依頼をすることをお勧めします。

 

以上、10月の元湯・陣屋ウェディング装花のご紹介でした。

 

YUKI YOSHIKAWAでは東京、関東近郊だけでなく、日本全国のウェディングやパーティー・イベントでの装花を承っています。
ウェディングブーケから大型のフラワーデコレーションまで、花の色合わせや花材の組み合わせも、全て一つひとつの依頼に合わせたオーダーメード 。季節の美しい花々を使った、海外風のナチュラルでエアリーなデザインは是非お任せください。

お見積りや日程のご相談は下記のコンタクトフォームからどうぞ。

コンタクトフォーム

 

 

一日一回クリックでランキングにポイントが加算される仕組みになっています。
お帰り前に下記の応援バナーをクリックしていただけると嬉しいです^^

にほんブログ村 花・園芸ブログ フラワーアレンジ教室・販売へ
にほんブログ村
応援ありがとうございます!